宿泊記ブログ|屋内プールならここ♪「ヒルトン小田原リゾート&スパ」へ子連れステイ

子どもたちがまだ小さかった4年前にも家族で宿泊したヒルトン小田原リゾート&スパ。真冬でもプールで思いっきり遊べてたのしかったので今回2度目の宿泊をすることに決定!前回はプールとパターゴルフをしましたが、子どもたちが少し大きくなり今回はプールに卓球、ボーリング、テニスとアクティビティ満載のホテルステイとなりました。

子どもたちと「ヒルトン小田原リゾート&スパ」の休日を満喫してきたのでご紹介します。

 

電車で行けるリゾートホテル「ヒルトン小田原リゾート&スパ」

アクセス

ヒルトン小田原リゾート&スパは都心から電車で行けるリゾートホテルです。

東京駅から特急か新幹線、または新宿駅からロマンスカーにて小田原駅まで約1時間前後の距離。小田原駅または根府川駅からは無料のシャトルバスが運行しています。

我が家は東京駅から新幹線に乗って36分。なかなか乗ることのない新幹線に子どもたちはワクワクしていましたが、のんびりとする時間はなくあっという間に小田原駅に到着!

平日は小田原駅にもシャトルバスの送迎がありますが、せっかくなので景色が良いと聞いた根府川駅まで東海道本線で移動をすることにしました。

小田原から7分電車に揺られてついた根府川駅の目のまえは青い海が広がります。

駅にはお花が植えてあり、真冬ですがどこかリゾート感を感じる駅でした。しかしエレベーターやエスカレーターがない駅なので重いスーツケースを持参しているファミリーは移動が大変になるので小田原駅の利用をおすすめします。

ここからはシャトルバスで5〜7分ほどでヒルトン小田原リゾート&スパに到着!

ー電車でのアクセスー

■東海道本線「東京駅」⇔「小田原駅」まで特急で約60分、新幹線で約36分。
■小田急線「新宿駅」⇔「小田原駅」までロマンスカーで約70分。
■東海道本線「小田原駅」⇔「根府川駅」まで約7分。

ー駅からの無料送迎バスー

■小田原駅〜ホテル:平日のみ1本/1時間の間隔で運行
■根府川駅〜ホテル:毎日1本/20〜30分の間隔で運行

アクティビティが満載!一日中遊べる「ヒルトン小田原リゾート&スパ」

中庭から見たヒルトン小田原リゾート&スパのホテル棟、全室オーシャンビューでバルコニーからは青い海を見渡せます。

高級感のあるロビーで15時からチェックインが可能です。

ヒルトン小田原リゾート&スパは、なんとチェックインとチェックアウト日のプールと大浴場が追加料金なしで楽しめるホテルです。

午前中にホテルに到着するとフロントで荷物を預かってくれるため、身軽にプールや大浴場を満喫できるようになっています。せっかくなので我が家はフロントにスーツケースを預けて午前中からプールに向かいました。

チェックイン

チェックインの時間帯にフロントに戻るとすでにスーツケースが居室に運ばれている嬉しいサービス付き。

ただチェックインはかなり時間がかかりました!ヒルトン会員が優先のチェックインなので、会員でない我が家は前回のチェックイン時も待ち時間が長く、子どもたちは中庭で遊んで待ってもらった記憶があります。一応椅子が用意され座って待てるように配慮されています。

プールと卓球で遊んだあとで喉が乾いていたので、フリードリンクを飲んで子どもたちとチェックインの時間を待ちました。

アクティビティの種類と料金

宿泊者が楽しめるレジャーの種類と料金は以下の通りです。(宿泊者の金額)

プールと天然温泉は子どもたちも宿泊費に含まれているため、チェックイン前〜チェックアウト後も無料で遊べます。

◎天然温泉(無料)
◎室内・屋外プール(無料)
◎フィットネスセンター(無料)
◎卓球(1,650円/1時間)
◎バトミントン(2,200円/1時間)
◎屋内テニスコート(5,500円/時間)
◎屋外テニスコート(4,180円/時間)
◎パターゴルフ(1,650円/1人)

室内・屋外温水プール

スーツケースを預けてすぐに向かった先は今回の旅最大のたのしみ、温水プール! 前回来たのは4年前ですが、長男は楽しかったプールをしっかり覚えているようで家族で一番ワクワクしていました。

他のホテルでも室内プールは1年中泳げるところは多いですが、比較的水温が低くて冬場は寒いことが多い気がします。しかしここのプールは水温が高く寒さを感じることなく泳げるため、子どもだけでなく大人も楽しめるのが魅了です。

▲更衣室に向かう三男

1Fにあるアクティビティ受付で宿泊予定であることを伝えるとロッカーの鍵を受け取ることができます。さっそく更衣室向かって進みます。

▲更衣室

さすがヒルトン、更衣室も綺麗ですね。シャワー室やドライヤーなども完備されているため、プールの後はさっぱりキレイにしてお部屋に戻ることができます。

▲室内プール

着替えが終わったら室内プールへ到着、ガラス張りで明るく冬場でも暖かい室内です。大きなジャグジーのようなプールや25mプールなど10種類を完備し、小さな子連れからヒルトン会員のおじちゃんやおばあちゃんまでそれぞれ思い思いの時間を過ごしています。

▲室内プール

30分くらいのペースで行われる噴水のようなこれ!子どもたちの「ワー!!」という歓声が聞こえ、どんどん小さな子どもが集まってきます。

もちろん、我が家の子どもたちも大喜びで遊んでいました。

 

▲室内プール

こちらも室内プール、下がボコボコとしていて健康に良さそうなプールで小さな子どもたちがパパやママと泳いでいました。

▲休憩スペース

大人に嬉しい明るくて日差しの入る休憩スペース。今回、我が家の子どもたちはほとんどプールに入りっぱなしでしたが、前回は三男がまだ1歳だったためプールに入ったあとは休憩スペースでお兄ちゃんたちの泳ぐ姿をのんびりと見ていた記憶があります。

▲ジャグジー

ジェットバスになっていて、外を眺めながらのんびりと浸かれます。他の室内プールの温度が暖かいので、ここも同じくらいの温度です。

▲アームヘルパー

水深の浅い子ども用のプールは完備していませんが、アームヘルパーが用意してあり幼い子どもたちは自由に使用して泳ぐことができます。子どもとの旅行では荷物が多くなりがちなので、浮き輪が用意してあると助かりますよね。

▲室内25mプール

しっかりと泳ぎたい人は25mプールがおすすめ。歩くコース、初級、中級、上級にコースが分かれているためレベルに合わせてコースを選ぶことができます。我が家も水泳をしている長男と次男は25mプールを楽しんでいました。

初級コースではビート板を使って泳ぐこともできましたよ。

▲屋外プールへの出入り口

室内から屋外プールへの出入り口があるため、寒い思いをして外へ歩いていく必要がないのが嬉しいポイントです!ただ今回は、宿泊の前日まで屋外プールの点検をしていたためか、前回よりも屋外プールは少し冷たく感じました。

しかし子どもたちには室内プールは暖かすぎたようで、このくらいの水温の方がよいと長い時間屋外プールを満喫していました。

▲屋外プール

天気の良く、景色も素晴らしい最高の屋外プール!隣には温泉のような暖かさのジャグジーも完備されています。

▲シャワー室

▲脱水機

思いっきりプールを楽しんだあとはシャワーでさっぱりしてチェックイン!水着の脱水もできて便利です。大浴場もチェックイン前に無料で利用できるため、早めにプールを終了してチェックインまでにお風呂に入るのも良いですよね。

卓球

▲卓球場

卓球ができる場所は2ヶ所あり、今回利用したのは靴を履き替えずスニーカーのままできるところです。室内ですが比較的寒く、上着を着たいくらいの温度設定でした。

もう一ヶ所は暖かい体育館の中にあるようで、暖かく室内ばきに履き替えてプレーします。卓球のラケット4本は卓球代金に含まれています。

ボーリング

▲ボーリング場

夕食のあとに地下1階にあるゲームセンターに遊び行くと、ボーリング場を発見!もちろん遊びたくなる3兄弟です。子ども用の指を5本入れて持てるボールの用意もあり、4人で1ゲーム楽しみました。

テニス

▲テニスコート

チェックアウトの日はとても天気が良かったため、屋外でテニスに挑戦!テニスラケット4本とボール4つまではテニスコートの料金に含まれています。子ども用のラケットをレンタルしたい場合は追加料金(500円)がかかりました。

窓からの景色が最高「ヒルトン小田原リゾート&スパ」のヒルトンスーペリアツインルーム

▲スーペリアツインルーム

今回4人で宿泊したのは5Fのスーペリアツインルーム。ヒルトン小田原リゾート&スパのスーペリアツインは3枚のマットレスがピッタリついているタイプなため、幼い子どもたちがベットの間に落ちる心配がありません。

窓際にはテーブルと座布団が敷かれ、海を見ながらひと休みできるスペースが設けられています。

▲お部屋からの眺め

天気の良い日はバルコニーからこんな素晴らしい眺め、ゆったりとした時間の流れに癒されます。

▲アメニティ

お部屋のアメニティは歯ブラシやシャンプー類、コーヒー、紅茶、ペットボトル3本。小学生からは大人用の歯ブラシがセットされていました。

浴衣はお願いしないと子ども用は準備されていません。必要な子ども用アメニティは予約時、またはチェックイン時に事前にお願いした方が良さそうですね。

未就学児は無料!「ヒルトン小田原リゾート&スパ」のレストラン「ブラッセリー フローラ」

お部屋でのんびりしたあとは楽しみにしていた夕食ブッフェ!こちらのブッフェは小学生から料金がかかりますが、未就学児は無料で堪能できます。

夕食バイキング

▲ブッフェレストラン

希望の夕食の時間帯をチェックインのときに選ぶことができ、我が家は一番はやい17:15PMを選択しました。ほぼ一番乗りでついたためレストランにはまだ人がほとんどいません。

▲アペタイザー

▲お寿司

▲天ぷら

ブッフェコーナーには、サラダやアペタイザー、和食や洋食がバランスよく並んでいました。ライブキッチンもありお肉、天ぷら、お寿司などは作り立てを堪能できます。

▲キッズコーナー

▲キッズコーナ

キッズコーナーもありますが、メニューは少なめ。我が家の3男はほとんど大人側の料理を取り分けていました。ただキッズコーナーは低い位置にあるため、自分で取り分ける体験には楽しめて良さそうですね!

▲ケーキコーナー

食後のデザート、ケーキ以外にもシューアイスが用意されています。

▲長男のプレート

ドリンクはコーヒーや紅茶、炭酸以外のジュースはドリンクバーから飲み放題。アルコールとコーラなどの炭酸飲料は別料金になっていましたが、ワンドリンク無料の宿泊プランだったため1杯ずつ有料ドリンクを無料で頼むことができました。

しかし未就学児はブッフェの料金が無料のため、ワンドリンク無料券は付きません。結局、母の無料ドリンクは三男のコーラになりました。ただブッフェ無料は助かりますね!

朝食バイキング

朝食もブッフェ、和食と洋食からそれぞれ好みのものを取り分けてきました。

▲パン類

▲和食

▲海鮮丼

我が家の子どもたちは自分で作る海鮮丼が気に入ったようで3人とも食べていました。このほかにもサラダやカレー、肉まんなど料理の種類は豊富で家族みんな大満足です!

子連れの多い「ヒルトン小田原リゾート&スパ」のキッズサービス

ヒルトン小田原スパ&リゾートにはたくさんの子ども連れのファミリーがホテルステイを楽しんでいます。しかしお風呂やお部屋などには、キッズアメニティは完備されていません。

予約やチェックインのときに必要なキッズアメニティを伝えると準備してくれるようですので、必要に応じて事前に伝えておきましょう。浴衣や歯ブラシはもちろんのこと、ベビーベットやベビーバスセットの貸し出しや地下一階には授乳室が完備され、赤ちゃん連れでも安心してホテルステイできる設備が整っています。

▲キッズアメニティ

▲キッズアメニティー
写真は公式より引用しています

高級感のある館内で充実した休日を過ごせる「ヒルトン小田原リゾート&スパ」

\残念だったところ/

①チェックインに時間がかかった
②アクティビティを楽しみすぎて追加料金が高かった
③キッズバイキングの種類が少なめ

\よかったところ/

①プールが充実していて冬場でも寒さを感じず楽しめる
②プールは一歳から利用できる&アームヘルパーが用意されている
③プールや更衣室など施設全体が明るく、高級感と清潔感がある
④チェックイン前&チェックイン後もプールと大浴場が無料で利用できる
⑤未就学児のブッフェが無料
⑥チェックアウトの時間がのんびり12時
⑦アクティビティの施設が豊富
⑧ウェルカムドリンクはチェックアウト日まで好きな時間で一杯いただける
⑨高級ホテルだが子連れで宿泊しやすい雰囲気
⑩電車で行ける

残念なところもありますが、良かったところが勝ち!チェックイン前から遊べて、チェックアウト日も夕方まで遊べるため1泊でもとてものんびりと過ごすことができるうえ、高級感のあるホテルなので優雅な気分を味わえます。子連れでの観光は疲れることが多いため、ホテルの中だけで2日間思いっきり遊べるのは移動時間がなくとても充実した時間になります。都心から近い、リゾート気分を味わえる素晴らしいホテルです!

 

ヒルトン小田原リゾート&スパの基本情報

■ホテル名 
ヒルトン小田原リゾート&スパ

■住所
〒250-0024 神奈川県小田原市根府川583-1

■電話
TEL: 0465-29-1000

■チェックイン/チェックアウト
15:00/12:00

■アクセス

東名高速道路 厚木IC~小田原厚木道路~(真鶴道路方面)~西湘バイパス石橋IC~「根府川」交差点を斜め前方県道740号線に入る。JR根府川駅を通過し、約500mほど進むと右側に進入路あり。

電車
東海道本線「東京駅」⇔「小田原駅」まで特急で約60分、新幹線で約36分。
小田急線「新宿駅」⇔「小田原駅」までロマンスカーで約70分。
東海道本線「小田原駅」⇔「根府川駅」まで約7分。

ヒルトン小田原リゾート&スパ Google Map