台湾・台北|ノスタルジックな街!十份で子どもとランタン飛ばしを楽しもう

今回の台湾旅行で1番思い出に残った「十份観光」。「十份」エリアには線路上でランタンを飛ばせたり、スレスレを走るローカル電車を見たりと子連れファミリーが楽しめる観光スポットがあります。

夕方の幻想的なライトアップが人気の「九份」から40分ほどの距離にあるため、合わせて観光するファミリーも多いでしょう。我が家もせっかく「九份」に行くならと、先に「十份」を訪れました。

これが大正解!
異国情緒を感じられる魅力的な場所で、もう一度時間をとってゆっくりと訪れたいと思わせてくれる観光地です。

 

 

「十份」ってどんなところ?

台北から車で約1時間ほどの場所にある「十份」は、美しいランタン飛ばしで有名な観光地です。

駅前には「十分老街」が広がり、商店街スレスレを通過するローカル列車はスリル満点。線路の両脇には民家や商店が立ち並び、昔ながらの雰囲気を愉しめます。

また、天燈(ランタン)上げの体験が人気で、美しいランタンが空に舞い上がる様子は圧巻。ランタンには願い事を込めて飛ばす習慣があり、子どもたちと体験すれば素敵な思い出になるでしょう。

さらにローカル列車・平渓線の途中に位置する「十份」は、美しい自然に囲まれた土地で、台湾のナイアガラの滝と呼ばれる「十份爆布」や「つり橋」などランタン以外にも豊かな観光スポットがある魅力的な街です。

台北から「十份」への行き方は?

台北から十份は電車やバスで約1時間ほどの距離。ランタン上げができる「十份老街」は平渓線の線路沿いにあるため、台北から電車で行くのがおすすめです。

建物のスレスレを通過するローカル列車「平渓線」からの景色は、なかなか見応えあるので子どもたちも楽しめると思いますよ。

 

 

台北駅から十份駅まで電車で行こう

ー台北駅から十份へのアクセスー

①「台北駅」から台北鉄道にて「瑞穂駅」で下車
②「瑞穂駅」で平渓線へ乗り換えて「十份駅」で下車

瑞芳駅で乗り換えるローカル列車「平渓線」は、1時間に1本程度とかなり本数が少ないため注意が必要です。事前に瑞芳駅からの「平渓線」時刻表を確認してから出発時間を決めるのをおすすめします。

時刻表は台北鉄道HPより日本語にて検索できます。

「十份駅」を下車し、右方向に進んでいくとすぐに商店街を見渡せます。

「十份」でランタンを飛ばそう

到着したら早速目的のランタン飛ばしをするために良さげなお店を探します。

ランタン店を探そう

「十分老街」を歩いているとたくさんのランタン販売店が立ち並びます。その中から良さげなお店を探して、ランタンを購入しましょう。

この日は平日の昼間でしたが、十份の街はたくさんの観光客で溢れかえっている状態。ひとつひとつお店の値段を確認する余裕なく、空いていそうなお店を見つけて購入しました。線路に入ってすぐのお店が比較的混雑せずにランタンを上げれていましたよ。

ランタンを選ぼう

お店には日本語で書かれたランタンメニューがあり、希望の色を選べるようになっています。

◎ 一色:200元
◎ 四色:250元
◎ 八色:350元

◎ 赤色:健康
◎ 黄色:お金
◎ 青色:仕事
◎ 水色:勉強
◎ 白色:未来
◎ 橙色:恋愛
◎ 緑色:商売
◎ 桃色:愛情

我が家は、上記より4色のランタンを選びました。

ランタンに願い事を書こう

筆と墨を貸してもらえるので、4面すべてに願い事を書いていきます。子どもたちは将来の夢や家族5人の似顔絵、パパとママは家族みんなが健康でいられるようランタンに願いを書いてみました。

子どもたちが描くと墨がポタポタと垂れて、手や洋服まで黒くなるので汚れてもOKな洋服で行くことをおすすめします。

ランタンを上げよう

願い事を書き終わったらローカル電車の走っていない線路上に移動して願い事を書いたランタンをお店の人に上げてもらいます。この日はとっても混雑していたので、10分〜15分ほど線路上で自分たちの順番が来るのを待ちました。

順番が来たらお店の人にランタンに火を灯してもらって

家族5人の顔を描いた「ランタン」飛んでけ〜!

ランタン飛ばしをする時は、お店の方にスマホを渡すと写真とビデオ撮影をしてもらえるのでとても良い思い出が出来上がりますよ。

十份での「ランタン飛ばし」とってもおすすめです。

スレスレを通過「十份」のローカル列車を見よう

「ランタン上げ」をする路線は、1時間1本の間隔でローカル列車が通過します。これが商店街ギリギリを通過するのでスリル満点! 日本では見ることができない距離で電車が通過するので、小さな子どもは気をつけてみましょう。

行きの電車の中から見れるたくさんの観光客。電車に乗ってスレスレを通過するのも初めての経験で子どもたちは興奮していました。

時間があれば「十分爆布」や「静安吊橋」まで足を伸ばしてみよう

今回は「九份」観光のついでに「十份」まで足を伸ばしてみました。しかし子連れの我が家には「九份」より「十份」の方が断然魅力的な街!この後に「九份」へ行く予定だったので、短い滞在時間で「十份」を後にしましたが、次回は丸一日かけてゆっくりと観光したいと思わせてくれる街でした。

十分爆布

次回行ってみたい台湾のナイアガラの滝と呼ばれる「十分爆布」は、台湾最大の滝。十份駅から徒歩で30分ほどの距離なので、小さな子連れファミリーはタクシーの方が良さそうですね。

静安吊橋

十份駅からすぐの距離なのに行けなかった「静安吊橋」も次は渡ってみたい!

子連れで「十份」観光の注意点

子連れファミリーにとても魅力的な観光地「十份」ですが、到着時間や服装などを気をつけるとより楽しい旅になるでしょう。今回の経験をもとにいくつか気をつける点をあげてみました。

① 瑞穂駅での電車乗り換え時間を事前に調べる
② 週末をさけ、平日に行く
③ できるだけ早めの午前中に到着する
④ 汚れても良い格好でいく
⑤ 折り畳み傘を持っていく

我が家が観光に行ったのは平日でしたが、台北でお昼を食べてから行ったので到着したのが午後14時頃。瑞穂駅からのローカル列車も混雑していましたが、「十份駅」に到着して人の多さにびっくり! 電車が出発してしまうと線路上に上がれるので少し周りとの距離にゆとりがでますが、やはり小さな子どもと行くのであればできるだけ空いている時間帯がおすすめです。

また山の方なのでとても天気が不安定。台北が晴れていてもポツポツと雨が降り出すこともあるので、念の為折り畳み傘は持参した方が安心です。

さいごに

ノスタルジックで昔ながらの雰囲気が魅力的な「十份」

到着するまでは「九份観光」のついでくらいに考えていた我が家ですが、まさかの「十份」の方が我が家にピッタリの観光スポットでした。行きのローカル列車から見渡す景色も素敵で、次回はもっとゆっくりと時間をとって改めて訪れようと夫婦で話していたほど。

子どもたちもスレスレを通過するローカル列車と願い事を書いたランタン飛ばしが楽しかったようで、大満足の表情。子連れファミリーが楽しめるおすすめの観光スポットですよ。